今年一番の喜界島粗糖で

マイハズバンドのお母さんが
『ザラメ届いたよ』と
電話をくださり
昨日は定休日だったので
朝から志戸桶に向かいました。
f0197325_2202540.jpg


大きな20kgの粗糖は
封を開けなくとも
甘い香りがしてくるようでした。
(粗糖とは、加工段階にある砂糖の一種である。
製法は途中まで黒砂糖と同じであるが、
サトウキビの絞り汁を下処理した後に結晶させ、
遠心分離機を用いて糖蜜(=廃糖蜜)をある程度分離し、
残った結晶が粗糖となる。Wikipedia参照)
f0197325_22389.jpg


ちょうど、なくなりそうな頃だったので
封を開けてみました。
そして
その中に顔をうずめたら
自然の甘みと
喜界島のサトウキビの中に
身を委ねたような
なんとも幸せな気分になりました。
f0197325_2242253.jpg


大きめの容器に
うつしてみると
まるで生きている
黄金色のダイアモンドの結晶みたいに
キラキラと揺らめきながら
容器の形に
滑り落ちていくのでした。
そんな、採れたての
サトウキビの贅沢な
粗糖を見ていたら
我慢出来なくなって
小豆を水に浸して
小豆を炊き始めました。
もちろん
この今年一番の粗糖を使って。。。
f0197325_22134047.jpg


『三時のおやつですよ』
そう言って
マイハズバンドを誘いましたが
畑仕事に精を出していたのと
すごくお天気が良くて
暑かったので
マイハズバンドは
冷たいレモンティーを。
私は、ほうじ番茶と
できたての小豆を
縁側で頂きました。

昨日は本当に清々しい小春日和で
部屋中の窓という窓を
開け放して
家の中に風を入れました。

暖かなお日様の日差しを受けて
喜界島の粗糖で炊いた
幸せの小豆を頂く。
f0197325_2215414.jpg


窓の外は
風の音と
サトウキビの伐採の音
そして
おいしいサトウキビを狙ってやってくる
カラスの声に
姿の見えない鳥たちの声。。。
その穏やかな音は
私の耳を通り
心の中を癒します。
f0197325_2219581.jpg

喜界島の粗糖

それはそれは
美味しいのです。
珊瑚礁のミネラルをたっぷり含み
お日様を存分に浴びた
サトウキビから生まれ来ました。

今年一番の喜界島の粗糖で
小豆を炊いてみました。
贅沢な休日のひとときでした。。。。




************************
たくさんのクリックを本当にありがとうございます!
引き続き、
下記のピンクのバナーの
クリックをよろしくお願いいたします。
*************************
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村
クリックお願いします


ハンドメイドショップブログは

twelveseventeen with HANDMADE



そんな私のポップライフブログは

twelveseventeen with POP LIFE

[PR]
by twelveseventeen | 2012-02-15 05:55 | 食材